ゆまちのテキトーブログ

テキトーな事をテキトーに綴るブログ

てんぶい 6話更新

kakuyomu.jp


というわけで6話更新。シェダー視点の話となる。この辺の話はシェダーの境遇がちょっぴり明かされたのだが……深く掘り下げるとネタバレになるので割愛させていただく。一応自分も伏線的なものは撒くのだ。


7話はほのぼのパートとなり話進まねえ!な内容ではあるがちょっとずつ進めていくつもりなのでよろしく。


短いが以上。

てんぶい 5話更新

    kakuyomu.jp


というわけで酷いサブタイな5話を投稿した。サブタイではこう書いたが別に作者の主張なわけではない。あくまでクリアもとい透の意見だ。まあそれも揺らぎそうだけど。


自分はおね側とショタ側どっちの心情も書かれた奴が好きだ。年の差や立場の差からの揺らぎを両サイドから満遍なく摂取したい。いいよね相手と自分の違いにドギマギする二人……ウメエ……。


5話はメインヒロイン(?)なシェダーの境遇を仄めかしつつ二人の会話を書いた。まあまだほんの触りなのだがクリアがストレートにシェダーの求める言葉を与えた結果好感度が振り切れてたりする。純粋にお姉さんを慕うショタはイイゾ。いやでもお姉さんに反抗期な生意気ショタもいいよなたまらんよな。生意気ショタとちょっと気弱なお姉さんの組み合わせも大好物だ、うん。


話がおねショタに逸れたがこれからほのぼのしたりイチャイチャ?する二人の絡みをちょいちょい書けたらなと思う。乞うご期待(?)


6話は補足としてシェダー視点の話となる。はよ物語進めろや、とせっつかれそうなところだが自分は〇〇Sideみたいな話が好きなのだ。一話で終わらせるので許してほしい。


というわけでシェダー視点な6話は明日投稿するのでよかったらヨロシク。以上!

てんぶい 四話更新

というわけで本日更新したヨ。


kakuyomu.jp


四話はこの物語の主要人物の一人の登場回となる。タイトルにも書いてあるショタだ。サブタイで某有名アニメ映画をパロっているがこれあの映画好きな人に怒られちゃうかもしれない……と思いつつも脳裏に浮かんでしまったから仕方ないね。


ショタがどういう境遇なのかは次回以降語られるので割愛するが今作のテーマの一つはおねショタなのでこのショタもといシェダーとTS女主人公クリアがほのぼのイチャイチャ?することになるわけだ。まあ所謂メインヒロイン的ポディションな感じの立ち位置なキャラなのである。


え?サブヒロインとかいんのかって?少なくとも年上おにいさんは登場させるけどあいつは……どうだろうな。主人公とイチャイチャするのかといわれると微妙なラインだ。あともう一人くらい絡むキャラは考えているが男にするか女にするか決めていない。どっちでも美味しい立ち位置なキャラだから。まあその辺はもう少し話が進んだら登場する予定なのでヨロシク。


とにかくメインヒロイン?なシェダーが読者に愛されるような可愛いショタになるよう描写を頑張りたいので応援よろしくぅ!!


というわけで短いがそんな感じで〆させていただく。


以上!

てんぶい 2話&3話投稿

という訳で2話目と3話を投稿した。


kakuyomu.jp


kakuyomu.jp



まあ正確言うと2話は昨日投稿している。ただ昨日はバタバタしていて記事が書けなかったのでまとめて今日記事にしたというわけだ。


2話は死んだ主人公が神様とお話するだけの話。所謂今から異世界転生するね☆の前振りというか導入だ。


そして3話目にやっと主人公がTSする。あ、ちなみに一応解説するとTSとはtranssexual、つまり性転換のことだ。男が女になったり女が男になったりするやつ。


作者が初めてTSというジャンルに触れたのは『らんま1/2』だ。有名な作品だし自分以外にもそういう方は多いのではないだろうか。


主人公の早乙女乱馬が中国の呪泉郷という場所で父親と修行してたところ水をかぶると女になる呪われた泉に落ちてしまい……という感じの設定があるのである。この設定の凄いところはTSしてしまったらもう戻れないという固定概念、不可逆性を無くしたところになると自分は思う(探せばおそらくらんまより早くスイッチ型のTSをした作品はあるだろうが広めたという意味で)乱馬は水をかぶると女になるがお湯をかぶると元の男の姿に戻るのだ。斬新すぎる設定に当時の自分は沼に落ちたものだった……ふっ、懐かしい。ちなみに余談だが自分の推しはシャンプーだ。めっちゃ可愛い。漫画の時点で可愛かったのにアニメで声がついたらもう……はぁ……可愛い……可愛いけど好きな人にアプローチするためには割と手段を選ばないというか性格があまりよろしくないところがまたイイ(語彙力ゼロ)


おっと話題が逸れた。これらんまの記事じゃねえのだ。自作品の宣伝記事だった。いけねえいけねえ。


てんぶいでのTSは一回っきりとなる。性別が変わりまくってそれぞれの性差を利用する乱馬&らんまの強かさには強く惹かれるものがあるが転生ものである事に加え男だったはずなのに女として振る舞ったり女扱いされて戸惑ったり喜んだりなんかヤベー感じになる主人公が書きたかったのだ。まあ出オチになってしまい話が進むにつれこれ初めから女主人公で良かったんじゃねえの?となる可能性もあるので気を引き締めて物語を書き進めたい。


というわけでよかったら読んでネ。


以上!

新連載を始めた

カクヨム&ハーメルンで新連載を始めた。


kakuyomu.jp


小説の記事でちょくちょく話題に出していたやつだ。


前作の出られない部屋シリーズも大分人を選ぶ話だったが今作も多分選ぶ。選びまくる。というのもTSものなうえに主要人物が主人公(♂→♀)とショタなのだ。まあ後々他の属性のキャラも増やす予定ではあるが少なくとも十話くらいまでほとんど主人公とショタしか出ない。


おねショタというだけでも一部の層向けだというのに元男子高校生が作ったVtuberアバター見た目の魔女おねいさん(中身ほぼ男)×奴隷のように雑に扱われたショタを主軸に選ぶの、我ながらおかしいんじゃねえの?と思わなくもないがこれ趣味だから。商業じゃねえから。と言えるのがWEB小説家(素人)の良いところだ。


中身男だと精神的BLになるんだろうか。一応調べてタグ付けはしたがその辺の判断は人に寄りそうだし自分の中ではいや肉体女になったし基本前世な人格とはいえ若干女な部分もあるしBLじゃねえんだよなと結論付けてはいるがわからん。とりあえず後天的性転換した元男が女の体になって戸惑っているところに可愛い&かわいそうなショタが懐いてきて今までなかった母性本能的なものが刺激されてさらに戸惑うのイイナ……と思って書き始めたのがこの作品である(謎の性癖開示)


ぶっちゃけ一般ウケは絶対しねえだろうな……と思いつつ自分が楽しいので書いている。刺さる人にだけ刺さればいいの精神だ。自分に優れた技量はない。溢れ出るリビドー的なやつをぶち撒くぜ。


プロットは最初と終わりと中盤の山場くらいしか考えていない上書き溜めもそんなにしていない(10話くらい)のでノリとテンションと勢いばかりの作品となるだろうがよかったら読んでくれるとウレシイ。



以上!!!







photoACに登録した写真が審査通った

前回自分はphotoACを始めた旨の記事を投稿した。


yumachihirozumi.hatenablog.com


25日に写真を申請し審査待ちだったのだが今日の夕方辺りに合格しサイトに掲載され始めたらしい。適当に選んだ4枚全て審査に合格したようでホッとしている。とはいえまだ掲載されたばかりなのでDLはされていない。まあ出した写真はお猫様と料理と風景の写真が主なため新人の自分の写真は埋もれてしまいそうだがこれからコツコツ投稿していきたいと思う。



一月くらいしたら結果を公表する記事が書けたらなと思案中だ。ただ一枚もDLされなかったら前回の記事で述べたようにお蔵入りするのであしからず。



結果が楽しみだなぁとビクビクしつつも楽しみな湯町なのであった。



写真素材素材【写真AC】

photoACを始めてみた。

photoAC、通称写真ACを始めてみた。というのも自分は割と写真を取る人間であるためだ。このブログを始めたきっかけも自作小説の宣伝の他になんかいい感じの写真を撮って記事にしたいという欲求もあったからだ。


ちなみに写真ACとはストックフォトサイトのことである。


www.photo-ac.com


ストックフォトとは写真素材のこと。ストックフォトサイトとは自分で撮影した写真。素材として提供出来るサイトなのである。ちなみに他の人が撮った写真素材を利用する事も出来る。無料で。凄い。(気になった方は上のサイトの規約をよく読んで利用してほしい)


DLされるとポイントが貰えそれをお金に換金出来るとのこと。物は試し&ブログのネタになりそうなので始めた。ぶっちゃけこういったサイトは初めて利用するので勝手が分からないがまあなるようになるだろう。


自分で撮った写真がお金になる。うーん、浪漫だ。とりあえず料理やお猫様の写真を数枚投稿しどんな感じになるか後で記事にしたいと思う。全く無反応だったらお蔵入りする。悲しいからね、仕方ないね。



写真素材素材【写真AC】

レオ杯決勝!!

短距離チャンミ。それは魔の巣窟にして先行大乱闘スマッシュシスターズ。そんな恐ろしきレオ杯決勝に歩を進めた湯町一行。

2022年レオ杯記事達はこちら

yumachihirozumi.hatenablog.com

yumachihirozumi.hatenablog.com

yumachihirozumi.hatenablog.com


今回も苦難と試行錯誤のチャンミであったがぶっちゃけウマ娘の育成でニ番目に楽しいのはチャンミ育成と言っても過言ではないのでなんだかんだ楽しかった。

え?一番目は何か? 新規ウマ娘の初見育成だよ。どんなトレーナーでどんなストーリーになるか楽しみで仕方ないからね。あと自分は微課金&ガチャはほぼ天井貯まるまでしない勢なんで新規のウマ娘が来にくい分新しく来てくれたウマ娘のストーリーをしゃぶり尽くしたいというのもある。ただTSで育成すると個別ストーリー見られないのがちょっと寂しいところ。次の新規シナリオはどうなることやら。


話が脱線したのを戻しいよいよ決勝。自分のところのメンバーは前回の記事通り先行3人。タイキシャトルオグリキャップ(通常)、カレンチャンである。



作戦としてはカレンチャンがデバフを振りまきタイキシャトルオグリキャップが序盤スキルと中盤スキルで前へと上がって最終コーナー近くで3、4位の位置取りをし継承したニシノフラワー固有&タイキシャトル固有を発動させ一番星だの勝利の鼓動だのを発動させいい感じに勝つというもの。まあスキル発動するのを祈るいつものやつである(作戦じゃねえ)


自分のところの決勝の脚質分布は逃げ1先行8。安定の先行だらけ。もはや安堵感すら覚える光景である。よしいよいよだ、とレースがスタートした瞬間、誤算が起きた。


タイキシャトルが出遅れたのである。うそーん!?短距離で出遅れは致命的だ。しかも同じ脚質ばかりなので後方を走っている。前の方で発動するスキルを覚えさせていたので前に上がる事も出来ずずっと最後尾に。切ねえ。


しかしオグリキャップカレンチャンは出遅れる事なくスキルも発動したためいい感じの位置取りを取ることができた。肝心の金デバフの一つ、悩殺術は不発だったが。


なんだかんだ最終コーナー近く。自分のとこのカレンチャンオグリキャップが3位4位5位を行ったり来たりしていたところ──カレンチャンの固有が発動した。


驚いた。というのもカレンチャンの固有、結構発動しないのである。調整により多少発動しやすくなったとはいえそんなに発動しない。ただし発動すると強い固有なので思わず立ち上がる。そこから継承タイキシャトル固有&継承ニシノフラワー固有が無事発動し一気にカレンチャンは先頭へ。しかも同じように加速してきた先行の猛者達に対し幻惑のかく乱をぶちかます。視野を狭くするスキルなので効果がよくわからないが心なしか追う勢いが弱まったような……気がする!知らんけど!


そんなこんなでカレンチャンは3/4バ身の差を保ちつつ先頭のままゴールイン。







デバフ役として他の二人を確実に勝たせるためにラウンド2でギリギリ採用&育成した子が決勝で鮮やかに勝利を決めるという大逆転ホームランとなった。すげえや。さすがカレンチャン。『カワイイ』をまざまざと見せつけてくれるその姿に痺れたぜ。


という事で今回大活躍してくれたカレンチャンを最後に貼ってこの記事を終える。




湯町のレオ杯はカレンチャンによってハッピーエンドを迎えた。ありがとうカレンチャン。すごいぞカレンチャンカレンチャンはカワイイ。カワイイカレンチャン!!


以上。

レオ杯ラウンド2!!

ラウンド2が終わった。本当は昨日投稿する予定だったのだが思った以上にラウンド2がさっぱり勝てず苦戦しメンバーを入れ替えたり育て直しを繰り返した結果間に合わず今日記事を投稿することとなった。恐るべし短距離チャンミ。


ラウンド2の1日目では予選を通過したメンバーでは1勝出来るか出来ないかという厳しすぎる現実に直面しメンバーを育て直したもののまるで歯が立たず。時間帯を変えても戦況が変わらなかったため悲しいが自分のカードパワーでは差しを勝てるように仕上げるのは時間内には無理だと判断し泣く泣くスイープトウショウをメンバーから外す事に。スイープトウショウ推しの方、彼女を勝たせるのは任せた……!!


オグリキャップタイキシャトルはそこそこ上位に上がれるため固定しラウンド2の2日目は残りのメンバー選抜が始まった。


候補は3人。先行がほとんどなレオ杯なので意外と先頭を取りやすく短距離適性がDなので改造が容易なサイレンススズカ。しかし地固めを確実に取れるカードを自分が持っていないためフレンドの根性サクラバクシンオー頼りで育成した結果パワー不足になりがちに。あと単逃げなら途中固有で突き放せるのでワンチャンあったが仕上がったバレンタインミホノブルボンとか出ていると太刀打ち出来なかったので断念。


次はマヤノトップガン。自前でノンストップガールを持っている(今回は出づらいけど)のと短距離適性がDであり先行もこなせるので意外とイケるのでは?と思い育成したのだが……いやー、難しい。というのも彼女のスタミナ20%で根性10%な成長補正が短距離向きではなかった。特にスタミナが今回そこまで必要ない上マイルがDなのでマイルレースを素では走れずかといってマイルを因子で補うのも……今回短距離因子をあてがっている&先行で育てる関係でフレンドのニシノフラワー、自前のタイキシャトルが固定なのでマイルをAにする親を選択出来ないのだ。そのため強いステが作れず断念。あと偶然だろうがやる気下がるイベントが起こりまくって泣いた。


最後はカレンチャン。素で短距離Aなのと短距離向きのスキルを元々持っているので候補に。マイルDな上中距離長距離はGと狭い距離適性なため予選時は強い子が作れず候補から外れていたが短距離でも発動出来る金デバフを2つ持っているという特色から多少弱いステータスでもデバッファーとして採用できるかもしれないと育成したところ運良くSSランクのカレンチャンを育成出来たのでラウンド2を走らせたところ……



デバフが刺さったのか単なる偶然なのかは分からないが3勝する事ができAラウンドの決勝進出の資格を経た。いやー出来るもんだな……ありがとうカレンチャン。決勝で勝てるといいなあと願望を抱きつつ明日の決勝にガクブルする湯町なのであった。

レオ杯予選2!!

昨日の予選の悔しい惜負の記録yumachihirozumi.hatenablog.com


悔しさをバネにし育て直し二日目の予選に挑戦。


メンバーはこちら。



レオ杯先行での最有力候補!実馬は最強マイラーとの呼び声も高いけどマイルはスピードイーターがあったり水着マルゼン&バレンタインブルボンの方が安定しがちなので若干不遇!でも今回は輝いてるぜ!タイキシャトル(先行)!



中距離ではクリスマスオグリ、短距離は?そうだね通常オグリキャップだね!先行でタイキシャトルニシノフラワーの固有を積んでぶち抜くか差しでアナボリック乗り換え上手コンボでワンチャン狙うのも楽しい!ガバ固有&万能距離馬場適性は正義!通常オグリキャップ(今回は先行)!


前回に引き続き採用!短距離で追込は自分にはハードルが高く無理だったので所持スキル無視で差しとして育成!中盤スキル盛りすぎてうっかり前に出すぎたり掛かって固有でない事もあるのはご愛嬌!とっても可愛いスイープトウショウ(差し)!


この3名で二日目の予選に挑戦。大きな変更点としては今回のチャンミは先行がかなり多いのでタイキシャトルにアナボリックを継承させたところか。あとは序盤の位置取りスキルやデバフスキルや中盤スキルを盛りつつステータスをなるべく高いものを採用した。


その結果は……。





シャアオラァ!!



ギリギリの3勝だった上に他の3戦は2勝と1勝だったが勝ちは勝ち。無事Aグループに進むことが出来て良かった。個人的に推しの一人であるスイープトウショウが最後の1勝を勝ち取ってくれたのが嬉しい。自分のところではオグリキャップが一番勝率が高いもののスイープトウショウも結構勝ってくれている。


イケるんじゃね!?と思いアナボリックを積んだタイキシャトルはというと……まあぼちぼち勝ってはくれているのだがアナボリック発動率がそこまで高くなく発動しても肝心の自身の固有やニシノフラワーの継承固有が発動してくれない事が割とあり効果を実感出来なかった。しかし自分の固有とニシノフラワーの固有が発動してくれれば結構勝ってくれるのでヨシ。……あれ、結局アナボリック意味ない……?育て直した方がいいか……?ちょっと不安なので同じレース条件かつ先行多めにして走らせて検証してみようと思う。


目指せAグループ決勝!! ということで色々検証したい湯町なのだった。